『コリーニ事件』映画のあらすじ,感想,ネタバレ,キャスト,口コミ,作品情報など!

(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

映画『コリーニ事件』は、2020年6月12日公開の映画です。

この映画は、ドイツの現役弁護士で小説家のフェルディナント・フォン・シーラッハが書いた世界的ベストセラー小説「コリーニ事件」を映画化した作品です。

ドイツ・ベルリンで起きた殺人事件を通して、新米弁護士の過去や、戦後ドイツが隠した不都合な真実が暴かれていきます。

この記事では、映画『コリーニ事件』のあらすじ、口コミ、作品情報などを掲載しています。

U-NEXTなら31日間基本料金無料

U-NEXTに新規会員登録された場合、通常基本料金1990円(税抜)が31日間無料!

しかも、600円分のポイントが付与されるので、最新コンテンツも楽しめます。

また、U-NEXTは業界最多14万本もの動画コンテンツが見放題となっています。

解約はいつでも可能!
31日間のトライアル期間中に解約すれば、翌月以降の料金は発生しません。

U-NEXTを体験する

映画『コリーニ事件』作品情報

(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

タイトル コリーニ事件
原題 THE COLLINI CASE
ジャンル サスペンス
公開日 2020年6月12日(金)
上映時間 123分
監督 マルコ・クロイツパイントナー
脚本 クリスティアン・ツバート
ロバート・ゴールド
イェンス=フレドリク・オットー
制作年 2019年
制作国 ドイツ

映画『コリーニ事件』あらすじ

ある日、ドイツで殺人事件が起きる。

30年以上もの間、ドイツで模範的市民として働いてきた67歳のイタリア人・コリーニ(フランコ・ネロ)が、ベルリンにあるホテルで経済界の大物実業家を殺害したのだ。

新米弁護士のカスパー・ライネン(エリアス・ムバレク)は、その事件の国選弁護人に任命されるも、実は被害者はライネンの少年時代の恩師だった。

殺害に関して一切何も語らなかったコリーニだが、調査を続ける中で、ライネンは自身の過去やドイツ史上最大の司法スキャンダルなど、想像だにしなかった衝撃の事実と向き合うことになる。

彼は何故、殺人を犯さなければならなかったのか…

映画『コリーニ事件』登場人物とキャスト

エリアス・ムバレク 役:カスパー・ライネン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elyas M’Barek(@elyjahwoop)がシェアした投稿

アレクサンドラ・マリア・ララ 役:ヨハナ・マイヤー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alexandra Maria Lara(@alexandramarialara)がシェアした投稿

ハイナー・ラウターバッハ 役:リヒャルト・マッティンガー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Heiner Lauterbach(@heiner.lauterbach)がシェアした投稿

その他登場人物 キャスト(出演者)
ファブリツィオ・コリーニ フランコ・ネロ
ニーナ ピア・シュトゥッツェンシュタイン
ハンス・マイヤー マンフレート・ザパトカ
イェニファー・ラスコブ ザビーネ・ティモテオ
ライマース ライナー・ボック
ベルンハルト・ライネン ペーター・プラガー
裁判長 カトリン・シュトリーベック
クラウディオ・ルケージ サンドロ・ディ・ステファノ
9歳のファブリツィオ・コリーニ レオナルド・オルソリーニ
若い頃のハンス・マイヤー ヤニス・ニーブナー

映画『コリーニ事件』予告動画

『コリーニ事件』本予告 6/12(金)公開
『コリーニ事件』30秒特報 6/12(金)公開

映画『コリーニ事件』口コミ・感想・ネタバレ

映画『コリーニ事件』の口コミ・感想・ネタバレをまとめました。Twitterから引用しています。

映画公開前の口コミ(ネタバレなし)

映画公開前の感想(ネタバレなし)

・ワルサーP38

引用:https://wikipedia.org/

予告動画の中で出てくるワルサーP38という銃について調べてみました。

これはドイツの銃器メーカー、カール・ワルサー社製の軍用自動拳銃で、9mm口径で装弾数は8発、重量は945g、有効射程は50mです。見るだけでも怖いですね。

『インディ・ジョーンズ シリーズ』ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』『ルパン三世』など、様々な映画にも登場しています。

・フェルディナント・フォン・シーラッハ

引用:https://wikipedia.org/

小説「コリーニ事件」の作家、フェルディナント・フォン・シーラッハ(Ferdinand von Schirach)は、1964年生まれドイツ・ミュンヘン出身の弁護士・小説家です。

ベルリンでの刑事事件弁護士としての仕事を通して、元東ドイツ政治局員のギュンター・シャボフスキーや、ドイツ連邦情報局工作員のノルベルト・ユレツコの弁護に携わり、ドイツでも指折りの弁護士として見なされています。

2009年に自身の事務所が扱った事件を基にした小説『犯罪』を刊行し、45万部を超えるベストセラーを記録。2011年には第2作目となる小説『罪悪』を刊行し、映画化されています。

・小説「コリーニ事件」

映画『コリーニ事件』の基となった小説「コリーニ事件」は、原題では「Der Fall Collini」と呼ばれており、2011年にドイツで刊行されました。

日本では、東京創元社が2013年に刊行されています。物語を早く知りたい方は、こちらの小説を読むと良いでしょう。

U-NEXTなら31日間基本料金無料

U-NEXTに新規会員登録された場合、通常基本料金1990円(税抜)が31日間無料!

しかも、600円分のポイントが付与されるので、最新コンテンツも楽しめます。

また、U-NEXTは業界最多14万本もの動画コンテンツが見放題となっています。

解約はいつでも可能!
31日間のトライアル期間中に解約すれば、翌月以降の料金は発生しません。

U-NEXTを体験する

▼U-NEXT限定で視聴できる作品も豊富!▼
【U-NEXT独占】洋画一覧
【U-NEXT独占】邦画一覧
【U-NEXT独占】海外ドラマ一覧

コメント