『サイレント・トーキョー』映画のあらすじ,感想,ネタバレ,キャスト,口コミ,作品情報など!

引用:https://twitter.com/hatano2019movie/status/1209412788340195329/photo/1

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月に公開予定です。

クリスマス・イブの東京で、突如勃発した連続爆破テロ事件によって恐怖に陥れられる日本と、事件へと巻き込まれていく人々の模様を描いています。

原作は、クリスマスの名曲「Happy Xmas(War is Over)」にインスパイアされた秦建日子(はたたけひこ)の小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」。

主演は、『Fukushima 50』などの佐藤浩市(さとうこういち)。『コントレール~罪と恋~』などの石田ゆり子(いしだゆりこ)、『空母いぶき』などの西島秀俊(にしじまひでとし)ほか、若手俳優たちが共演。『SP THE MOTION PICTURE』などの波多野貴文(はたのたかふみ)が監督を務めています。

また、この映画の主役はあくまでも無数の群衆という設定。そのため、それを表現するために、3億円ほどかけてクリスマスの渋谷のスクランブル交差点を再現し、1万人のエキストラを集めて撮影を行ったとのことです。

この記事では、映画『サイレント・トーキョー』のあらすじ、口コミ、作品情報などを掲載しています。

U-NEXTなら31日間基本料金無料

U-NEXTに新規会員登録された場合、通常基本料金1990円(税抜)が31日間無料!

しかも、600円分のポイントが付与されるので、最新コンテンツも楽しめます。

また、U-NEXTは業界最多14万本もの動画コンテンツが見放題となっています。

解約はいつでも可能!
31日間のトライアル期間中に解約すれば、翌月以降の料金は発生しません。

U-NEXTを体験する

映画『サイレント・トーキョー』作品情報

タイトル サイレント・トーキョー
原題 サイレント・トーキョー
ジャンル サスペンス
公開日 2020年12月
上映時間 不明
監督 波多野貴文(はたのたかふみ)
脚本 山浦雅大
制作年 2020年
制作国 日本

映画『サイレント・トーキョー』あらすじ

舞台はクリスマス・イブの東京――

恵比寿に爆弾を仕掛けた。

人々が幸せな気持ちを感じている聖なる日に、突然テレビ局に犯行予告の電話がかかってきた。

半信半疑で中継に向かったテレビ局社員と買い物中だった主婦は、騒ぎの中、犯人に仕立て上げられてしまう。そして、その様子を謎の男がひっそりと見つめていた。

新たな犯行予告が動画サイトに映し出される。次の標的は渋谷・ハチ公前付近。

犯人の要求は、テレビでの生放送で首相と対談することだった。もしそれが受け入れられない場合、18時に爆弾を爆発させるという。

そんな犯行予告に対して、事件を追う刑事や不可解な行動を取る起業家、それに興味を抱く女性、騒ぎに群がる野次馬たち…

様々な人々の想いが、渋谷のスクランブル交差点に煌めくイルミネーションの下で、複雑に交錯する。

タイムリミットまでに残された時間はあとわずか。犯人は誰なのか?そしてその目的は?

街に閃光が走ったとき、人々が見たものとは?運命のクリスマスの日、街に何が起きたのだろうか…

映画『サイレント・トーキョー』登場人物とキャスト

佐藤浩市(さとうこういち)

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%B5%A9%E5%B8%82

石田ゆり子(いしだゆりこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

石田ゆり子 Yuriko Ishida(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

西島秀俊(にしじまひでとし)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kemeko1がシェアした投稿

その他登場人物 キャスト(出演者)
不明 中村倫也(なかむらともや)
不明 広瀬アリス(ひろせありす)
不明 井之脇海(いのわきかい)
不明 勝地涼(かつぢりょう)

映画『サイレント・トーキョー』予告動画

公開され次第、掲載します。

映画『サイレント・トーキョー』口コミ・感想・ネタバレ

映画『サイレント・トーキョー』の口コミ・感想・ネタバレをまとめました。Twitterから引用しています。

映画公開前の口コミ(ネタバレなし)

映画公開前の感想(ネタバレなし)

映画『サイレント・トーキョー』。多くの人々が幸せを感じ、今年を振り返り、来年に希望を抱く時期に起こる爆破予告。

この作品が見る人に伝えたいこととは一体何なのか?主役を演じるのは佐藤浩市氏ですが、作品の趣旨としては、あくまでも一人一人の群衆が主役。

様々な生き方をする私たちに、大切な何かを伝えたいのではないでしょうか?

小説を読んだ方はすでに理解しているかもしれませんが、映画版ではまた違う視点で感じることができるかもしれませんね。

映画『サイレント・トーキョー』関連のおすすめ作品

書籍「サイレント・トーキョー」

引用:https://www.amazon.co.jp/

視聴方法 配信終了日
748ポイント
制作年 制作国
映画『サイレント・トーキョー』の原作となった本。「これは、戦争です」クリスマスを目前に控えた12月22日、東京・恵比寿で爆破テロが発生。犯人は首相とテレビで生放送することを要求。応じなければ無差別爆破テロを起こすと脅迫をするが、首相は拒否。そして翌自、最悪の事態が…

⇒ 今すぐ視聴してみる

上記の作品はU-NEXTで視聴することができます。
※2020年5月時点の情報です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
U-NEXTなら31日間基本料金無料

U-NEXTに新規会員登録された場合、通常基本料金1990円(税抜)が31日間無料!

しかも、600円分のポイントが付与されるので、最新コンテンツも楽しめます。

また、U-NEXTは業界最多14万本もの動画コンテンツが見放題となっています。

解約はいつでも可能!
31日間のトライアル期間中に解約すれば、翌月以降の料金は発生しません。

U-NEXTを体験する

▼U-NEXT限定で視聴できる作品も豊富!▼
【U-NEXT独占】洋画一覧
【U-NEXT独占】邦画一覧
【U-NEXT独占】海外ドラマ一覧

コメント