映画『ベル・カント とらわれのアリア』ネタバレ,感想,あらすじ,キャスト情報まとめ【最新】

2019年11月公開の映画『ベル・カント とらわれのマリア』。

この映画は、1996年に実際に起きた日本大使公邸占拠事件を元に描いたアン・パチェット氏の小説を映画化したものとなっています。

南米国家の副大統領邸を襲ったテロリストと人質との間に生まれる人間関係を描いた映画、『ベル・カント とらわれのマリア』のあらすじやキャスト情報、感想などを掲載しています。

U-NEXTなら31日間基本料金無料

U-NEXTに新規会員登録された場合、通常基本料金1990円(税抜)が31日間無料!

しかも、600円分のポイントが付与されるので、最新コンテンツも楽しめます。

また、U-NEXTは業界最多14万本もの動画コンテンツが見放題となっています。

解約はいつでも可能!
31日間のトライアル期間中に解約すれば、翌月以降の料金は発生しません。

U-NEXTを体験する

映画『ベル・カント とらわれのアリア』作品情報,キャスト

作品情報

タイトル ベル・カント とらわれのアリア
原題 アン・パチェット
監督 ポール・ワイツ
脚本 ポール・ワイツ
アンソニー・ワイントラーブ
公開日 2019年11月15日(金)
上映時間 101分

 

キャスト(出演者)

キャスト(出演者)
ロクサーヌ・コス ジュリアン・ムーア
ホソカワ 渡辺謙
ゲン・ワタナベ 加瀬亮
フランス大使ティボー クリストファー・ランバート
赤十字のメスネル セバスチャン・コッホ
ベンハミン指揮官 テノッチ・ウエルタ
カルメン マリア・メルセデス・コロイ
エルザ・ジルベルスタイン

映画『ベル・カント とらわれのアリア』あらすじ

映画『ベル・カント とらわれのアリア』予告編90秒ver.|11月15日(金) 公開

南米亡国の副大統領邸で、実業家ホソカワ氏が経営する会社を招くためのコンサートが開催されていた。

ソプラノ歌手ロクサーヌ・コスが歌うコンサートには、ホソカワ氏の他、通訳担当のゲンや各国の大使ら、そうそうたるメンバーが集まっていた。

ところが、パーティーの際中にテロリストによって副大統領邸を占拠されてしまうことに。

各国の大使らが人質となり政府との交渉を始めるが、一向に話が進まず数ヵ月もの膠着状態が続いていく。

緊迫した空気の中、人質となっていたロクサーヌの歌声をきっかけに、事態は動き出す。

貧しい環境でまともな教育を受けてこなかったテロリストたちと、恵まれた教育を受け教養溢れた人質たちとの間に、親子にも似た師弟関係が芽生え始める。

次第に心通わせる交流が生まれていくことになるが、平和な日々が続くはずはなかった…

映画『ベル・カント とらわれのアリア』予告動画

映画「ベル・カント とらわれのアリア」本編映像

映画『ベル・カント とらわれのアリア』口コミ

口コミを見る限りハッピーエンドで終わる映画ではなさそうですね。

ただ、テロに対する考えや人間関係について考えさせられる映画でありそうです。

1996年に実際に起きた日本大使公邸占拠事件を元に制作された映画なので、私たち日本人にとって繋がりが深い映画であると言えそうですね。

映画『ベル・カント とらわれのアリア』ネタバレ,感想

※ネタバレ・感想については、映画が公開され次第、追記していきます。
U-NEXTなら31日間基本料金無料

U-NEXTに新規会員登録された場合、通常基本料金1990円(税抜)が31日間無料!

しかも、600円分のポイントが付与されるので、最新コンテンツも楽しめます。

また、U-NEXTは業界最多14万本もの動画コンテンツが見放題となっています。

解約はいつでも可能!
31日間のトライアル期間中に解約すれば、翌月以降の料金は発生しません。

U-NEXTを体験する

▼U-NEXT限定で視聴できる作品も豊富!▼
【U-NEXT独占】洋画一覧
【U-NEXT独占】邦画一覧
【U-NEXT独占】海外ドラマ一覧

コメント